波形から読み取る情報 揺り戻しているのか?

なんだかんだ最近戻ってきてますね。

 

アルゴリズム影響の具合は3月12日以降、15日や、19日前後に見られたりしましたが、

 

戻ってきているサイトもありますね。

 

 

アルゴリズムを見ていて思うのは、

結局繰り返すということ。

 

200というアルゴリズムが走っているという話もありますが、

→ https://moukegaku.com/google-ranking-algorithm/

 

その時々で変わりますし、グーグルもアナウンスしません。

たまにあるのが、アップデートしました!

という事後報告のみ。

 

そんなもんです。

 

その時々で上がっているサイトで収益化していくしかないですね。

 

被リンク

コンテンツ

サテライトの質

アクセス

キーワード比率

見出しタグ

 

などなど上げるときりがありませんが、

アルゴリズムを追いかけるサイトアフィリをしている限り疲弊していくだけだと思います。

 

本質はいいコンテンツを作り続ける。

ここに尽きると思います。

 

順位が下げられたらとにかくサーチコンソールを見ながら修正を続ける。

この繰り返しです。

 

時代によって、裏技手法や、一時的に上げる手法もありますが、

いよいよグーグルAIの進化によってそうも言ってられなくなってきた感じはします。

 

ここで残れるか、退場するかは、SEOの研究を続けられるか?

 

GRCの波形から何を読み取るか?

この考え方になってきますね。

 

実際に、うちで運営していた金融のワードプレスサイトも、ある程度放置していても検索順位微増してきていて、表示回数は若干減っていますが将来性を感じます。

 

このサイト自体はあまり手をかけていませんでしたが、記事を定期的に入れて、アクセスのあるページはテコ入れしていたので、アップデート以降の順位が微妙に上がってきているのかなとも思います。

 

検索面を見ていても、大手メディアサイトの個別ページが上位しているのは明らかで、

今後さらにその傾向は拡大しそうですね。

 

引き続き観察が必要なようです。

 

今後のグーグルの評価軸は、アクセス、回遊率、滞在時間

にウエイトが上がってくるので、下記レポートはチェックしておいてください。

 

結局キーワードをずらすことができればいくらでもアクセスは拾えます。

宅配、結婚相談所、引っ越しみつもりのずらしワードの事例を学べます。

 

ライバル不在のアフィリエイト「ずらしキーワード」のつくり方とサイトの作り方

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ