稼働していた広告グループ掲載不可になったその理由とは?

前回の記事でも書きましたが、

スポンサードサーチの稼働していた広告グループ審査落ちが続いてます。

 

貸金業のガイドライン変更で、即日系の訴求ができなくなったという理由だったのですが、

 

それ以外にも、運営者情報の記載で、アカウント名と合致してないとだめとか、

電話番号の記載がないと審査に通らないという理由が新たに出たので

修正して、再度審査。

 

そしたら、またガイドラインに広告文を合わせろとの指示。

https://help.marketing.yahoo.co.jp/ja/?p=8558

 

ヤフーさん、、、

即日融資で調べると思いっきり広告出てますけど・・・。

 

本当に謎すぎる。

 

そして、5個広告文審査に投下したうち、2つ通過したので、

審査却下になった広告文と、審査通過になった広告文を比べると

一つの文言の差でした。

 

× 即日

〇 当日

 

そんな世界のようです。

 

最近のPPCの成績は、

 

2016年トータルで見ると若干利益出てるくらいで、

 

広告文の見直しとか、キーワード入札見直しが必要ですね。

 

YDNは赤字の月があったり、黒字の月があったりとこちらもまだまだテコ入れが必要な感じ。

 

このタイミングで本日の18時からYDNのプロモーションがスタートするので

紹介したいと思います。

 

WS000085

 

この単価だとあの案件だろうなとおもいつつ。

今回のYDNは以前SSの塾をやられていた仲座さんのオファーです。

 

個人的にも非常に楽しみです。

とりあえずYDNの収益改善を目指しますが、

SSのほうも拡大していきたいですね。

 

 

→ 仲座 彰彦 【プロジェクト「YDN」】 超速効型アフィリエイトを加速する第2の方法 終了しました

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

One Response to “稼働していた広告グループ掲載不可になったその理由とは?”

  1. たかし より:

    楽しいブログですね
    また遊びにきます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ