新規ドメインは中長期、中古ドメインは短期収益化が理想

少し前まで、大型メディアの個別ページが上位を占めていましたが、

ここ最近、中古ドメインが上がりやすい傾向になってきてますね。

 

グーグルのアルゴリズムの関係だとは思います。

 

少し時期がずれればまた変わってきますが、

このタイミングでしっかり刈り取りしておきたいところです。

 

それでは、ここで改めて中古ドメインと新規ドメインのメリットデメリットを書いていきます。

 

中古ドメインを活用するメリット

それでは中古ドメイン活用のメリットを上げていきます。

 

1.上位表示のスピード感

→ 中古ドメインを選定し、サイトアップした後、早いと初登場で2ページ目に来たりする

(十何位とか。もちろん、キーワード難易度、競合性、コンテンツのクオリティーによって異なります。)

 

2.すでに被リンクが付いているので手持ちのサテライト資源利用が少なくてすむ

→ どんなドメインを選ぶかによりますが、中古ドメインの初動順位を見た後に行うのは、自前のサテライトを使ってアンカーテキスト比率を調整すること。

 

サテライトサイトを新規ドメインほど使わないことが多いです。

(もちろん手法や、どれくらいの期間で上げたいかによります)

 

3.ドメインパワーのあるものを取得すれば早期にアクセスが集まり売り上げが立つ可能性がある

→ 1番と似ていますがドメインパワーのあるサイトを作成し、ついた順位次第では、サイトアップして数週間で売り上げが発生する可能性があるのが中古ドメインの魅力です。

新規ドメインと比較して、良質な中古ドメインでは収益化につながるアクセスの集まり方が異なることが多いです。

 

中古ドメインを活用するデメリット

それでは、

中古ドメインを活用するデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

1.過去に貼られていたリンクが外されるリスクがある

運営者が変わりますので、過去に貼られていたリンクが外される事はよくあります。

それは想定範囲内で、よく被リンクの状態を見ておくことが重要です。

また、中古ドメインの選定で、そのリスクをなるべく避ける方法もあります。

 

2.サイトをアップしても上がらないケース

こればかりはアップしてみないとわからないものですが、

サイトをアップしてしばらくしても全然上がってこないケース、

インデックスされないケース、

などあります。

 

この症状は、ペナルティーを受けたドメインを取得してしまった可能性があげられます。

このあたりも各種ツールの活用で上がらないドメインをはじいて、

なるべく良質なドメインを選定する基準があります。

 

それでは中古ドメインと比較すると新規ドメインはどうなのでしょうか?

 

新規ドメイン活用のメリット

それでは、新規ドメインのメリットとデメリットを記載していきます。

 

1.新規に取得したドメインでは、リンクが全くついていない状態なので動きが読みやすく、管理しやすい

→ 中古ドメインではサイトの評価が安定するまではいきなり急上昇して来たり、

急降下したりしますが新規ドメインでは順位変動でそのような傾向は少なく、動きが読みやすいです。

 

収益のベースの安定には、新規ドメインでのサイト制作は必要不可欠といえます。

 

2.中古ドメインの様なあたりはずれがない

→ 前述のとおり、中古ドメインではハズレを引くケースがありますが、

新規ドメインではそのようなリスクはありません。

 

新しく取得し、すべて自分の管理下で運用可能なので、徐々に育てていくことも可能です。

また、実験的に一気にリンクを当ててみて反応を見たりもします。

 

新規ドメイン活用のデメリット

新規ドメインに関してはそこまでデメリットというものはありませんが、

あえていうならという程度で記載していきます。

 

1.サイトアップしてから上位表示に時間がかかる

最近はリンクなしの大型メディアサイトが上位表示していますが、

育てるのに少なくとも1年以上かかりますし、ライターを雇って大量の記事、画像が必要です。

 

また、自社でリンクビルディングをするにしても中古ドメイン以上にサテライト資源もある程度必要になります(競合の状況次第ですが)

 

 

以上、ドメインについてまとめてきましたが、サイトアフィリエイト参入して

月に30万突破するまでは中古ドメインを活用して時間短縮していくことをお勧めします。

 

もちろん、新規ドメインで大型サイトを作っていくことはゆくゆくやっていく必要はありますが、

12月の健康アップデートの時のように、ホワイトの大型サイトでも順位は下落しています。

 

この業界に絶対はないということが言える以上、バランスよくサイトを保有するのが一番です。

 

良質な中古ドメインの選び方と、運用方法

良質な中古ドメインをどのように選べばいいのか?

これは、初心者の方をはじめ多くの方が頭を悩ませる部分です。

 

中古ドメインの主な評価基準は下記となります

バックリンク数

バックリンクドメイン数

被リンクの質

過去の運用履歴、運用されていたジャンル

マジェスティック、AHREFS、SEOMOZの数値

リダイレクト有り無し

運用オーナーの数

運用されていた国

TLD

ソーシャルの拡散数

トップと個別ページの被リンク数のバランス

低品質リンクの有無

などなど、

 

こだわりだすと本当にいろんなポイントがあります。

 

今回、中古ドメインのスペシャリストのお二人と、中古ドメイン選定と効果的な運用方法に関して、

対談音声を撮らせていただきました。

 

ラインアット登録後にプレゼントします。

 

全4話で合計1時間以上の音声となります。

 

正直、打ち合わせになかった極秘ノウハウも公開しています

 

サイトアフィリエイトを始めたての方、

長くやってるけどいまいち中古ドメインの使い方がわかっていない方

収益が伸び悩んでいる方

先日のアップデートで大打撃を受けた方

など、有益な情報になるかと思います。

 

登録後すぐに第1話が届きますので、確認してみてください。

 

 

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ