与沢塾3期の最近

 

与沢塾3期に入って、ソーシャルをこつこつ育てているところです。

 

フェイスブック 友達 1257人

WS000000 (2)

 

ツイッター フォロワー 1072人

WS000001

 

アメブロ 読者数 156人 1月18日立ち上げ

WS000000

 

you tube    マイチャンネル作成 動画をいくつか上げて再生回数をあげているところ

ユーチューブのアドセンスの収益化にも着手スタート

 

 

成果はというと、

WS000000

 

こんな感じでオプトイン報酬は発生しています。

 

与沢塾4期の先行販売がスタートしています。

与沢塾4期

 

完全労働収益ですが、

いくつかの属性に合った案件を紹介していくと月に5万から10万はさくっと行きます。

 

FBでガンガン案件出している人は、一つの案件だけで10万以上取っている塾生さんもいます。

CTLアフィリエイトのFBページを作っているので近々展開していきます。

 

ツイッターももう少しフォロワー増やしてから活用していく予定です。

 

アメブロは、広告のせると消されるリスクがあるので、まずは読者登録1000人をやりつつ、

更新を続け、ワードプレスやしかるべき媒体にアクセスを流すために育てています。

ちなみにFBの友達は5000人

ツイッターはフォロワー10000人目標。

 

与沢塾のキャッシュポイントは、オプトインアフィリエイトのように思われるかもかもしれませんが、

それは一部であり、以下が収益の本質部分です。

 

・セミナー集客

・自社商品販売

・SNSでリスト取りしてメルマガで収益化

 

結果的に、

リアル店舗の集客コンサル

情報商材販売

コンサル募集

 

などなど、使い勝手は多岐にわたるので、媒体を育てた後は個人の采配次第となります。

 

自分の場合は

コンサル募集がメインとなってきますが、

集客コンサルもやってみたら面白そうだなと考えています。

 

与沢塾のコンテンツとしては、初歩的な内容から、全ソーシャルの解説、SEO、PPC、メルマガなど

WEBツールの全てが解説されます。

 

毎日30分から1時間の動画が届くので、ボリュームにぐったりすることもありますが、

最近は記事貼りとか単調作業のときに映像を聞き流しています。

知らないことも多いので、その点は勉強になってますね。

 

そんなこんなで、与沢塾3期も折り返して、後半に突入してきていますが、

塾代の回収は問題なさそうです。

 

あとは育てた媒体で何を展開するか。

ココがポイントになります。

 

3月にCTLアフィリエイトコンサルが終了するので、

4月に何回かセミナーを開催しようと考えています。

 

また経過は報告したいと思います。

 

そして、与沢塾4期の先行販売がスタートしています。

 

与沢塾4期

4ki-bunner5

1

2

3

4

 

ぱっと見た感じ3期と同じですが、カリキュラムは更に洗練されていくと思います。

現在先行販売なので、今後値上げはあるでしょう。

 

今回の与沢塾4期も298000円という高額塾になりますが、その価値は十分あります。

 

価値を感じる部分は人それぞれかと思いますが、

人脈、ノウハウもさることながら、

 

サイトアフィリエイトとは別の収益源を増やせるという部分が魅力です。

グーグル依存のSEOで試験を繰り返しつつ、

ソーシャルを育てて行く。

 

この点に面白さを感じられる方にはおすすめです。

塾代のペイはカリキュラムどおり進めれば問題ないです。

 

ただ、手間がかかる部分もあるので、作業しない人にはおすすめしません。

それはどの教材も同じですが・・・、

 

そんなこと言っても、てつさんだから収益化できたんでしょ?

という声も中にはあるかと思います。

 

ということで、当サイトから申込みいただいた方に限り、

塾代298000円ペイするまで無期限サポートをつけます。

※メール、スカイプ無制限

 

与沢塾4期

 

与沢塾入塾に関する疑問もなんでも聞いてください。

 

質問フォーム↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/3008434d292974

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ