コピペリンの使い方とレビュー 

外注記事をサイトに入れたら順位が下がった!

 

そんな馬鹿な・・・。

 

じつは、結構あります。

 

そしてこの度、私もやらかしてしまいました。

 

クラウドワークスで依頼した記事がコピー記事だったのです。

 

納品された記事をチェックもせずに、

 

特に変更もせずにサイトに入れたところ、順位下落。

 

というか圏外。

 

せっかく育てて、収益出始めたサイトが

 

検索順位がおちるのはいい気分ではないですよね。

 

 

コピペリンはサクツールが提供している、

 

コピペチェックツールです。

 

 

毎回、コピーチェックに非常に重宝しています。

 

インストールしたコピペリンに納品記事をチェックさせながら、

 

他の作業も全然できるほど動作が軽い。

 

 

コピペリンの使い方

コピペリンは、サクツールズの公式サイトからダウンロードして

解答し、コピペチェックしたい記事をコピペリンに貼り付けて

チェックするだけです。

機能もシンプルなので、簡単に使えます。

 

kopiperin

 

文字数にもよりますが、

上記画像のように、WEB上にある文章と突合し、

コピペの比率を出してくれます。

赤抜きが重複している文章です。

 

こういう赤抜きになっている重複文章を大事なサイトに入れると

 

パンダアルゴリズムに引っかかって飛ぶかペナルティを受けて順位が下がります。

 

 

コピペリンでは、

 

完全一致最大文字数

最大連続一致文字数

文字一致率

 

というWEB上のデータを拾ってくれます。

 

使い倒していくといくつかの使い道が出てきます。

 

それでは、コピペリンの主な使い道を紹介します。

 

1.コピペリン外注記事納品後のコピーチェック

 

こちらは前述した通り、

外注記事が納品されたら念のためコピーチェックします。

また、ライターさんにワードプレスを任せたとき、

記事をスプレッドシートで管理してますが、その文章のチェックに使います。

 

2.自分のサイトのコピーチェック

実はこれかなり大事なのですが、

自分のサイトの文章がコピーされて

順位が落ちるという攻撃を受けることがあります。

 

そんなときは、一度チェックしてみることをお勧めします。

無料ブログにコピーされて順位が下落しているとそれがわかったりします。

 

→ コピペリン詳細はこちらです

 

アフィリエイトはいかに作業の仕組化を行い、

時間短縮して、自分の作業を減らし、

効率化を図っていくかが肝です。

つまり今後収益を拡大させていきたいのであれば、

外注化は必須です。

その外注記事がコピペされていたら・・・。

 

せっかくいいドメインとって、

いいキーワードで上がってきていても、

コピペ記事をいれた瞬間に台無しになっていまします。

 

まさにいままでの努力が水の泡。

 

もちろん、すべてのライターさんがコピー記事を納品してくるわけではありません。

アフィリエイトビジネスとして、

リスク管理はしておかないといけませんよねという話です。

ちなみにコピペ記事納品してきたクラウドワークスのライターさんは、

即刻クラウドワークスに報告して、こちらのアカウントからブロックしました。

 

コピペリン購入特典

信頼できるライターさんと専属契約してしまえば、必要のないツールですが、

今後報酬を大きくしていきたいという考えであれば、

コピペリンは必須ツールといえます。

 

当ブログからコピペリンを購入いただいた方には、

 

スカイプ1回分

 

&

 

メールコンサル1か月分(回数無制限)

 

を特典としてつけさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ