クラウドワークスのライターに記事を使いまわされた件

 

そういえば、2か月前に買った記事まだ使ってなかったわ、

 

そろそろサイトの個別ページにでも足そうかな

 

とおもい、念のためコピペリンでコピーチェック

 

ま、真っ赤やないか・・・!(-_-;)

 

突合文章で自分のサイトのURLが出てくる分には

 

使った記事のチェックもれなのでこれはこれで問題なのですが、

 

自分が悪いだけです。

 

しかし、ほかのサイトのURLが出てくるとなるとこれは・・・。

 

使いまわされている!

 

しかも中古ドメインのワードプレスの個別ページにぺろっと。

 

判定文章一致率100%って完全に故意ですね。

 

見たら該当ライターは2人もいました。

 

タスクで記事を募集しているので

様々なライターさんが納品してくるのですが、

 

まさか2人もいるとは・・・。

 

記事を使う前にチェックしておいてよかったです。

 

こういうチェックを怠ってコンテンツ入れていくと

 

知らないうちにサイト順位がずるずる落ちていったり、

 

いきなり300位圏外に飛んだりします。

 

原因不明・・・

 

と思っていてリンクペナルティーか?

 

などいろいろ考えるのですが、

 

意外と記事の重複だったりもします。

 

ドメインそろえて、納品された記事でサイトをどんどん作っていくのもいいんですが、

 

こういうディフェンス面は本当に大切だなと思う最近です。

 

とりあえずサイトアフィリエイターの方でコピペリン持ってない人は

 

絶対買っておいたほうがいいですよ。

 

あと以前使っていた記事とか、

 

自分のメインサイトの記事も定期的にチェックしておくことをお勧めします。

 

特にビッグワードで上がってきたときとか

 

人目に付きやすくなるので、要チェックです。

 

今回の件では、納品時にコピペチェックした時は問題ありませんでした。

 

こちらに納品後に、別の人に同じ記事を納品したのではないか?という推測です。

 

クラウドワークスもコピペチェックをしているのですが、

 

納品時のチェックだけなので納品後までは目が届かないというわけです。

 

 

こんな感じで出てきます。

 

特に稼いでいるサイトに関しては目を光らせておかないといけないですね。

 

ちなみにクラウドワークスに通報したらなんともふわっとした返答が来ました。

 

 

で、結局どうなったの?っていう。

 

適切な処置って何ですか?

 

ひとまず管理画面ではライターブロックしておきましたが。

 

あんまり解決になっていないという。

 

会社のスタンスなのでこれ以上は言うまい。

 

 

最近ネタみたいなことが続いていて、

 

次回の記事ではサイトがいきなり

 

Domain Status: serverHold

 

となり、表示されなくなったトラブルについて書きたいと思います。

 

なんだそれ!?と思われると思いますが、

 

僕も思いました。

 

ちなみに10サイトくらいやられました。

 

詳細は次の記事で^^

 

 

PS.目標達成のスケジュール管理で有用なプロモーションがスタートしたのでチェックしてみてください。最近こういうの結構すきですね

 

→ 魔法の24時間スケジュール

 

目標達成の繰り返しが成功につながります。

楽しみなプロモーションです^^

 

 

 

 

 

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ