アフィリエイトサイトが丸々コピーされました

今日はSEOの解説ではなく、

 

自社のアフィリエイトサイトが

 

下記ドメインに丸々コンテンツコピーされた件について書きます。

 

今日の夜、リサーチアルチザンを眺めていたところ・・・

 

 

なぞのドメイン直下にSEO施策中の自社サイトが

 

そのドメインにクローラーが来ている・・・。

 

該当ドメインとは・・・

 

https://anysourceweb.appspot.com/

 

これ、結構ほかのサイトもやられているようです

 

ためしにsite:で上記ドメインを検索してみてください・・・。

 

88200件のインデックス!

 

マジか・・・。

 

https://anysourceweb.appspot.com/

 

のディレクトリフォルダに

 

該当ドメインがはめられています。

 

https://anysourceweb.appspot.com/○○.com/

 

のようなかたち

 

これ、完全にサイトがコピーされています。

 

さらに、

 

site:https://anysourceweb.appspot.com/○○.com/

 

で調べてみたところ・・・

 

 

 

しっかりキャッシュされておる。

 

 

 

ほかにも被害者が・・・

 

コピーコンテンツに関して書かれたブログ

http://www.ankopan.com/entry/2015/12/13/124620

 

 

ひとまず、グーグルへの通報などしてみようと思います。

 

本質的な解決になるかわかりません。

 

しかし、このままだとドメインごとペナルティー受ける可能性が高いです。

 

いくらオリジナルコンテンツ入れても

コピーされてしまっていては

WEB上に同一コンテンツが2つあるということになり、

順位が落ちることになるからです。

 

上記ドメインを見てみると、

ほかのアフィリエイトサイトも結構やられています・・・。

 

だれがいったい、何の目的で・・・。

各方面に聞いたりして調べてみますが、

情報お持ちの方いらしたら教えてください。

 

これは結構えぐいです・・・。

 

 

ほかにもこんなドメインを見つけました。

https://accesibleweb.appspot.com

 

どうやら、

 

appspot.com

 

のサブドメインのようです。

 

調べてみると、

 

Google Cloud Platformというサービスらしい。

 

グーグル?

 

ということは通報してもあまり意味がないのか

 

と思っていましたが、どうやら違うようです。

 

コピーコンテンツへの対策が書かれているサイト

https://www.casis-iss.org/ex1197/

 

グーグルへの著作権違反による通報と、削除申請

 

ができるようです。

 

とりあえず収益サイトのコピーコンテンツには目を光らせておいて

 

やられたら削除申請しまくるのがよさそうです。

 

また削除申請した結果は共有したいと思います。

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ