うまくいったサイト7 よいコンテンツとは何なのか?

今度こそナマズで変動が落ち着いたと思われる本日、

弊社サイトはまだまだ順位変動している状況です。

 

まー、このくらいの変動ならいつものことか?

 

気になる記事

→ ついに公式発言、Google検索順位2つの要因とは

 

よいコンテンツとは何なのか?

ユーザーに役に立つコンテンツ?

 

自分がいいと思ってもユーザーがいいと思っても

低品質サイトでぺなるサイトは数知れず。

 

もはやグーグルが良いといえば良い

低品質だといわれれば低品質!

 

 

という昨今、

今激伸びしているサイトは

以前から2回ほど低品質をいただいた、

 

サイトコンテンツの乗せ換えです

 

一度は、2013年9月に

2度目は2014年10月に

 

そして、2年越しにちょくちょく更新していた昔のメインサイトが返り咲いて、

今、報酬を伸ばしてくれています。

 

つまり、一度上位に上がってコンバージョン取れたサイトは、

いくらでもよみがえらせられる。

 

ということ。

 

上記サイトが良いコンテンツか?

と言われると疑問。

実際目視で低品質と2回も言われているわけだしw

 

ただ、成約は取れるという事実は重要。

もちろん、デザインはシリウスのデフォルトテンプレ。

 

 

手動ペナルティーは、目視での順位下げで

アルゴリズムは自動での順位下げです。

 

先日のフレッドアップデートを調べてみると

広告の載せすぎという話でした。

 

とはいえ、ペナルティー食らっていないサイトでも、

アフィリリンク10個くらいトップから出しているサイトもあります。

 

 

うまくいったサイト7

脱毛サイト

中古ドメイン

リンクは無料ブログと相互リンク4本

1年かけて上がったサイト まだ10位前後うろうろ

トップからの初リンクは10本以上

 

 

 

何が本当なのか?

真実はわからないのはいつの時代も同じで

やるべきことはアフィリエイターとして、

生き残るための施策です。

 

オウンドメディアもペナルティーを食らっているこの時代に

 

何が真実なのか?

安全地帯はあるのか?

サイトアフィリエイターの行きつく先は?

 

で、結局のところ、結論は

 

ペラサイト量産スタイルへの原点回帰。

 

とはいえ、

今はペラサイトで調子よさそうなサイトは

10から30ページまで増やしますが。

はじめはペラサイトで様子見です。

 

とにかくドメインと記事にリソースをかけること。

勝負するサイトにはリンクを当てること。(第2陣を忍ばせてある前提)

時間軸を意識して1年単位でドメインを評価すること。

放置してからの順位変動をしっかり見極めること。

コンテンツの修正は定期的に行うこと(共起語、アクセスワード、サジェスト)

SEO手法の分散(必ず山を分けること)

上がると聞いた事は選り好みせず、すべてやってみること

収益サイトの隔離

 

ここさえ、外さなければサイトアフィリエイトで

まだまだ行けるはずです。

 

謎にすべてのサイトを紐づけとかされなければ。

 

PC単位でぺなるとかも、

都市伝説的な仮説だったりしますが。

 

AMCの日記で書いていた人がいましたが、

大事なページを更新したことによる順位復活。

 

これから先は、

情報収集の幅の広さ、

実践のスピード、

後は自分で経験した事象が全てとなってきそうです。

 

変動のたびに思うこと、それは・・・

 

みんな頑張ろう!

結局、根性論w)

 
PS. 顧客リストの重要性について、CTWアジアのプロモーションで話されています。

 

しらない、買わない、リピートしない、

 

を突破して、

 

商品を知ってもらい、価値を伝え、リピートしてもらうための方法

 

顧客との関係性を作りながらビジネスを拡大していく、

 

口コミとリピートを起こして、

 

右肩上がりにビジネスを成長させる絶対無二の仕組みが公開されています。

 

→ 【必見】 第2回 最新マーケティング動画講座

 

 

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ