【フレッドアップデート】まだまだ落ち着かない検索順位

先日そろそろ変動も落ち着いてきたかな

ということを書いたらまだまだ全然動いてますね!

 

つい本日も

GRCを見ていたら

・・・

 

 

ちょっと、、、

 

 

ちょっとちょっと・・・

 

(14日は2回GRCまわしてます・・)

 

 

なんで・・・

 

 

なんでなんで

 

という動き、

 

いい加減にしろ!グーグル!

と言いたくなるがちゃがちゃっぷり。

 

そして、どうやら今回の変動、

 

ペンギンアップデート、パンダアップデート、ウェルクアップデートに引き続き

 

今回のアップデートは・・・

 

フレッドアップデート!

 

→ SEOラボさんの記事

 

 

3月10日に実施ということですが、

うちのサイトでは、8日に結構な変動を食らっています。

 

少しして、落ち着いたかと思いきや、

 

前述のとおり14日もかなりの動きを示していました。

 

フレッドアップデートとは

フレッドアップデートに関して検索かけてみたら、

すでに記事にしているサイトが多数出てきたので紹介します。

(ネ〇バーまとめのようになってますが、いい加減なことは言えないので、素直に参照)

 

フレッドアップデートを解説しているサイト1

・広告の割合が多い価値の低いコンテンツサイトが影響を受けてる

・リンクの品質だけでなく、リンクとコンテンツ、両方が対象となっている

参考:http://seolaboratory.jp/rank_change/2017031462330.php

 

フレッドアップデートを解説しているサイト2

・70サイトのフレッドアップデートを受けたサイトのうち95%の共通点

→ 広告の比重が高いサイト

(70サイトの95%はアドセンスまたは広告報酬だけのために生成されたページ)

(広告報酬に目がくらんだ低品質コンテンツなサイト、

つまりは広告臭しかしないようなサイトを駆逐する、

最新のアルゴリズム・アップデート)

参考:http://hebrakaela.com/category/web-media/seo/google-penalty/fred-update1

 

 

アドセンスサイトが制裁を食らったという話は少し耳にしましたが、

広告報酬だけのために生成されたページって・・・

アフィリエイトサイトって100%該当しますよね。

 

アドセンスサイトを落とすって、アドセンス報酬を減らすことには役立つが、

アドセンスに出稿している広告主からしたら露出が減るわけで

グーグル自らの首を絞めるのでは?と思うのですが、それは早計なのでしょうか。

 

フレッドアップデートを解説しているサイト3

・米メディアの分析によれば、フレッドアップデートは、

「過度なアドセンス広告」や「低品質なコンテンツ」

を掲載したサイトをターゲットにしているもようです。

参照:http://seopack.jp/seoblog/20170314-fred-upd/

 

 

 

フレッドアップデートの対策とは

 

いろいろほかにフレッドアップデートについて記載されている

サイトやらツイートやら見てみましたが、

明確な対応策はありませんでした。

 

いつのアップデートもこれをすればもどる!

 

なんていうものはありませんよね。

 

ただし前述の理由で、フレッドアップデートの餌食になったのであれば、

下記対策はやってみる価値があると思います。

 

1.飛んだサイトの広告をすべて外してみる

2.飛んだサイトの広告を少し外してみる

 

コンテンツ量(文章、画像、映像など)に対する広告の比率で

フィルターをかけられたのあれば、1番のすべて広告を外すという行動で

いったん順位は戻るはずです。

 

難しいのは2番

 

比率ってどのくらいなんですか?

という話。

 

ただ、そこ微調整しても時間の無駄なので、

がつっと一度広告全て外して、

様子見て順位とアクセス戻ったら再度しれっと広告貼るというのがいいかもしれませんね。

 

うちも3サイトほど収益サイトやられて、

これからというサイトは数えきれないほどやられたので

一度試してみたいと思います。

 

復活しなければもう次の施策に移ります。

 

 

CTL公式ライン@登録はこちら

中古ドメイン選定方法に関する対談音声 4話分(約1時間の解説音声)をプレゼント

友だち追加

CTL公式メルマガ登録はこちら

CTL公式メルマガ~ブログではかけない話~

【メルマガ登録御礼】 SEOレポート&音声対談&最速で3万稼ぐノウハウをプレゼント中

メルマガ登録から10分以内に自動返信メールが届きます。

届かない場合、迷惑メールフォルダを確認してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ